英語で読む「仏教聖典」

The Teaching of BUDDHA

【仏教聖典】ほとけ §1-1 偉大な生涯 [8/8]

 

【仏教聖典】

 

← 【仏教聖典】ほとけ §1-1 偉大な生涯 [7/8]

 

ほとけ

第1章 史上の仏

第1節 偉大な生涯

 

8.

クシナガラの人びとは、釈尊が湿繋に入られたのを悲しみ嘆き、アーナンダ(阿難)の指示に従って、定められたとおりに釈尊の遺骸を火葬した。

Under the guidance of Ananda, the Buddha's favorite disciple, the body was cremated by his friends in Kusinagara.


このとき、マガダ国の王アジャータシャトルをはじめとするインドの八つの国々の王は、みな釈尊の遺骨の分配を乞うたが、

Seven neighboring rulers as well as King Ajatasatru demanded that the relics be divided among them.

 

クシナガラの人びとはこれを拒否し、争いが起こった。

The People of Kusinagara at first refused and the dispute even threatened to end in war;

 

しかし、賢者ドローナの計らいにより、

but under the advice of a wise man named Drona,

 

遺骨は八大国に分配された。

the crisis passed and the relics were divided among the eight great countries.

 

その他、遺骸の瓶と火葬の灰を受けた者があり、それぞれの国に奉安されて、

The ashes of the funeral pyre and the earthen jar that contained the relics were also given to two other rulers to be likewise honored.

 

この世に仏の十の大塔が建立されるに至った。
Thus ten great towers commemorating the Buddha were built to enshrine his relics and ashes.

 

→ 【仏教聖典】ほとけ §1-2 最後の教え [1/5]